0から始めるネイルケア講座

By | 2020/03/02

はじめまして、トレーナーの石原幸洋です。
小学校~大学まで、約16年間野球をプレーし、トレーナーとしても小学生~プロまで、たくさんの野球チームのコンディショニングサポートを行ってきました。
子どもからご高齢者、アスリートからスポーツ未経験の方の、様々な症状を改善する「パーソナルサポート」をしています。身体のゆがみの原因を探し改善までの身体づくりを数千人以上みております。
80581203_520594805478085_232756284364948663_n(1)
「痛み」や「ゆがみ」の改善は得意としていますが、私自身の爪はトレーニング不足でした。「爪」のケアに関する知識は浅く、野球をプレーしていた頃のダメージが残っていたため、野球ネイルを教わりました。
ネイルプラスの池上先生の元で、爪のケアの基礎基本を教わってきました。
多くの野球選手が誤りがちなポイントと合わせて、今回の学びをまとめます。
①爪は柔らかく保つ!
野球をやってきた選手、特に投手は、爪が割れることが多いですね。そんなとき、瞬間接着剤などで固めて、
「強く補強しよう」としていました。その方が、爪を守れそうだという先入観があったから…
しかし!投球時に、爪は“ひずみ ”が生まれるため、硬い爪だと、より割れやすいらしいのです。
柔らかく、衝撃にもしなやかに対応できる爪にするために、専用のオイルを使って「爪づくり」していくんです!
26070474
爪の栄養剤(NFP+爪用美容液)を毎日塗り、弾力のあるしなやかな爪に育てます。
はじめの基礎ケアがこれです。
毎日10回以上、塗るだけ。何も塗っていない素の爪の表面に塗り、浸透させて、弱い爪を保湿ケアをする。
爪を乾燥させる化学薬品を一切含まないものなので、何度でも塗ってOK、塗れば塗るほど爪がしっかりして、割れない爪ができるそうです。(事項へ続く)