0から始めるネイルケア講座 その3

By | 2020/03/04

『0から始めるネイルケア講座』について3部作でお伝えしております。
野球だけでなく、アスリートをはじめ、様々な症状を改善するパーソナルサポートをしているトレーナーの石原幸洋です。
ゆがみの原因を探し、身体の機能改善に導くトレーニング、基礎の身体づくりをさせていただいています。
 連日お話している爪のケアも同様、基礎からはじめて爪を丈夫にする方法です。
 多くの野球選手がまだ知らない、基本のケアを公開しています。
一昨日も、今年入団したパリーグのプロ野球の選手が、野球ネイルのケアを受けに来店されたそうです。
プロ選手の爪割れを治す方法も、ここで紹介しているものと同じです。
①爪は柔らかく保つ!
瞬間接着剤などで固めての「補強」はNGです。
柔らかく、衝撃にもしなやかに対応できる爪を作るために
専用のオイルを毎日10回塗るケアをしてください。
②爪は専用の爪ヤスリで削り、滑らかにする。
爪専用のやすりでなめらかに磨くように削り、繊細な調整をします。
表面磨きNGです。磨くと薄くなり、弱い爪になります。
③爪の付け根「甘皮」を大切に
手の甲側、爪の付け根のちょっと柔らかい部分が「甘皮」。
次に生えてくる爪の質は、ここをケアできているかによって、大きく左右されるそうです。
乾燥しやすい人も多いですが、この「甘皮」保湿をしっかりしておくことが、数か月後の爪を変えるとのことです。意識が向きにくい部分ですよね…
IMG_2498
NFP+甘皮保湿液を甘皮部分や、荒れた皮膚に、毎日10回塗るケア方法です。
これらが3つのポイントが、割れない爪を作るための鉄則とのことです。
現役のころに知っていれば、痛みに耐えることも、指先から血が出ることも、ほとんど無かったはず…
現役選手は、今日から取り組んでみてください!