野球ネイル トラブルの経過

By | 2019/04/01

高校生の野球ピッチャーからの相談も多くいただきます。

爪の正しいケアの方法を知らず、爪を補強したり

ジェルをつけたりなど、様々なことを続けて

トラブルが悪化しています。

「爪が悪化して投げられない」という状態で、駆け込みの問い合わせが多いことも現状にあります。

これらを軽減するために、「野球ネイルにおいての正しいケア」を広めたく

講演会を開催しています。

まずは、トラブルの症例から、その経過をご覧ください。

 

4-3横

相談時の状態の爪。ここからケアをはじめてもらいます。

 

4-8

5日後の状態、爪は剥離しています。ここからが、また難しいです。

4-8施術内容
私からは、このような説明が入ります。選手に直接説明をしてケアをしてもらっています。

 

4-12
10日後の状態。一見よさそうに見えますが、まだまだケアが必要です。

 

このように、野球ネイルで爪のトラブルを改善しています。

この選手は、投球できるようになりました。