割れない爪の育て方

割れない爪を作ろう ~正しい爪ケアをご紹介します~

爪は乾燥や栄養不足などが原因で、割れてしまうことがあります。

爪の状態が乾燥していたり、爪切りを使用すると亀裂が起こりやすいことも。
亀裂のもととなる筋や、爪割れのきっかけを作らないことが野球ネイルの基本です。

1.爪の栄養剤を塗る
爪に栄養を与えて保湿をしっかりします。
柔軟な割れにくい爪を維持するようにします。

IMG_2510
上質の爪が指を覆ってくれれば、指をガードする本来の爪の役割を果たします。
いい爪を早く伸ばすためにも、爪組織に栄養剤を浸透させて促進させます。
滑らかで潤いのある、柔軟性の高い爪を作ります。

2.やすりで削る
やわらかく、薄い、紙やすりで
3日に一度爪を削ります。
投手の場合、練習、試合も含め毎日投げるわけですから
こまめな爪整形が必要です。

IMG_2521
爪の側面(爪の長さを削る部分)に引っかかる部分があると、爪は簡単に割れます。
爪が滑らかに削られていることが、とても大切です。
そのためには、やすりの質も重要です。
◇次のような爪やすりに注意しましょう◇
やすりの目が粗いと、爪先が裂けることがあります。
やすりに厚みがあると、亀裂のきっかけとなる段差を滑らかにすることが不能です。
やすりが硬いと、爪と皮膚への衝撃が強く、変形するおそれがあります。

3.甘皮栄養剤を塗る
強くて質のいい爪にするには、甘皮への栄養を与えることです。
甘皮栄養剤を使用すると、次に生えてくる爪がいい状態になります。

IMG_2520
ウコンが入っていて荒れた皮膚も整えるので、血豆や皮膚剥けにも塗り
皮膚が硬くなりすぎないようケアをします。甘皮周りに塗り厚みのある爪を育てます。
甘皮周りに塗る栄養剤は、爪を促進し新しい爪を育てる必需品です。

栄養剤とヤスリの使い方




野球選手の爪を丈夫に育むには、毎日のネイルケアは欠かせません!

本物のオーガニック製品で毎日のセルフケアを行ってください。
NFP+製品販売サイトより、ネイルケア・キットをお求めください。