「怪我をしないからだを作る」と同じ 爪予防ケア

By | 2018/11/11

野球の爪割れをケアして10年が過ぎました。

爪割れを予防するケア

を実践してくださったプロ野球選手とのかかわりで感じたことは

「怪我をしないからだを作る」ことの重要性でした。

野球ネイルと同じなんです。

体の基礎トレーニングと筋肉ケアは、野球に関わらずスポーツにおける上で大切なことです。

爪のトラブルの状態は、ご覧のように爪割れで不安定な爪の状態から、内出血を起こします。

DSC_3845

爪を割れないように、専用のやすりで整えて、爪がネイルベッドに密着するよう

爪の栄養剤で保湿ケアを同時に行い、育てていきます。

DSC_3848

そうしたケアから、割れない爪が作られていきます。

この予防ケアをしておくと、いつでも万全な準備が整い

最高のパフォーマンスにつながります。

「怪我をしない体つくり」と同じですね。