Monthly Archives: 10月 2015

爪割れから 血豆へ

野球ネイル では、爪割れのご相談を受けて

投球による、爪割れのケアをしています。

正しく言いますと、投球しても割れない、丈夫な爪を育てていくまでのケア

というところです。

 

先々週に相談を受けた、某大学のピッチャーの爪割れです。

 

爪が短すぎて、痛みもあり、投げにくい状態から

血豆も起こった状態のお悩みです。

試合を控えているということでした。

 

IMG_0550

 

皮膚剥けの部分のケアを、爪が割れないように爪を削り整えて

毎日のケアの方法をお伝えしました。